<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

待望の平泉

ここ数年西国霊場を巡礼するために7月の最終週の金曜日を会社を休みにしていましたが
それも昨年で結願したので、いよいよ今年は念願だった岩手県の平泉をメインにした巡礼に
行ってきました。

日程は
     29日  自宅 → 平泉・中尊寺 → 毛越寺 → 黒石寺 → 蔵王・遠刈田温泉

     30日  遠刈田温泉 → エール蔵王・島川記念館 → 福島・勝常寺 → 立木観音

          → 猪苗代温泉

     31日  猪苗代温泉 → グランデコリゾート → 諸橋近代美術館 → 自宅


29日、午前2時半に出発の予定でしたが寝過ごして3時半の出発。早速岩槻から東北自動
車道へ。平日で早朝のせいか道は空いていて気持ちよくドライブ。群馬、栃木、福島、宮城県
と4県を通過し午前8時半には岩手県の平泉へ。
目的地はもちろん中尊寺。
c0113514_8533888.jpg

中尊寺と言えば、奥州藤原氏の初代・藤原清衡が釈迦如来と多宝如来を安置する「多宝寺」
を建立したのが、創建と言われ、国宝の金色堂や多数の重要文化財の仏像などが広い境内
にたたずんでいました。また今回の巡礼ではちょうど「秘沸・一字金輪佛頂尊」などの御開帳も
あり気持ちが大いに和みました。
c0113514_10422340.jpg

     金色堂
c0113514_10482542.jpg

     ご本尊・釈迦如来来坐像

初日はこの後同じ平泉にある毛越寺へ,そして薬師如来で有名な黒石寺と巡礼し、この日
の宿である宮城県の遠刈田温泉に向かいました。

二日目、朝5時に宿を出発し温泉街の郊外にあるハイキングコースへ。約一時間森林浴を
満喫しながら汗をかきました。
c0113514_14412773.jpg

木々に囲まれ歩きやすく素晴らしいコースだったのですが、入口で見つけた「クマ出没注意」
の看板を見て(今回は逆コースで出口から入山しました)夫婦で腰を抜かしたのでした!
思えば途中で鋭く折られた枝やササの葉などを目撃していたのでやはりと言う感じでした。
その後宿に戻り朝風呂、朝食を済ませてから、近所にある「エール蔵王・島川記念館」へ。
ここは蔵王連峰を一望の下に見渡すことの出来る自然豊な環境の中にありますが、特色は
なんと言ってもその収蔵品です。特に充実した日本画は大変見ごたえがありました。横山
大観、平山郁夫、東山魁夷などの作品のほか加山又造、棟方志功、児島善三郎などとて
も素晴らしかったです。また企画展で行われていた「森本草介の世界」では、亡くなる直前
の作品まで数多く展示されていて、その写実性に驚かされました。
c0113514_1316141.jpg

c0113514_1317796.jpg

この日はその後福島の会津に移動して、国宝の薬師如来像がある勝常寺、そして会津さん
ころりで有名な千手観音像がある立木観音を巡礼して猪苗代湖北側にある猪苗代温泉で
二泊目としました。
c0113514_1626119.jpg

勝常寺・国宝木造薬師如来三尊像

それにしても、ここの薬師像がある勝常寺は平泉の中尊寺よりも100年近く前に創建され
ていて、その歴史の深さに思いをはせ感傷にふけるラフマニノフでした。
ただ、四天王や十二神将などそれなりに揃っているのですが、今でこそ国宝に指定されて
それなりに巡礼者や観光客も訪れるのでしょうが、伽藍全体の様子とか仏像の保存状態と
か、財政的に厳しいのでしょうがもう少し保存状態を改善する必要性を感じました。

二泊目の宿は猪苗代町にあるリゾートホテル。17階からの眺望はとても素晴らしく、右に
会津磐梯山、左に猪苗代湖とその眺めだけでも大満足でした。ちなみに夕食は今までは
だいたいバイキングでしたが、今回は珍しくコース料理を頼み、ワイン倶楽部で蓄積した
浅知恵でソムリエとのトンチンカンな会話を女房に笑われているラフマニノフでした。
    
c0113514_16514798.jpg
c0113514_1652040.jpg
c0113514_16521471.jpg
c0113514_16522114.jpg


3日目の朝も5時から1時間ホテルの周りをウォーキングしましたが、ここでも関係者が
クマ除けの花火を打ち上げていました。
そして前日と同じように朝風呂、朝食を取った後、来たに車を向け裏磐梯にある東急の
グランデコースノーリゾートに進みました。ここは冬場はスキー、春は花々、夏はハイキ
ング、秋は紅葉と一年中楽しめるところで今回はゴンドラで山の中腹まで登り、そこから
デコ平湿原トいうところまでトレッキングを楽しみました。
c0113514_17143964.jpg

c0113514_17142048.jpg

午後からは近くにある諸橋近代美術館によりました。ここはダリの収蔵で有名らしく、特
にその彫刻は質・数ともに世界的との事でした。またこの美術館のもう一つの特徴は、
洋風の建物とその庭園です。小さな渓流も傍を流れまさに都会には無い絵になる美術
館でした
c0113514_16573347.jpg

諸橋近代美術館 外観
c0113514_1658127.jpg

訪問した時は企画展「ハロー、クルック~共感する記憶~」と【同時開催】コレクション
展「ダリの欧米ぶらり旅」の二つの催しが行われていて、特にクルックには独特の雰
囲気がありました。独特の雰囲気と言えばダリの方もまさしく近代美術の象徴的な様
な感じで、難解な面も大いにありいろいろ考えさせられました。

そんなこんなでここで全ての日程を無事に完了して、車のハンドルを自宅に向けるラフ
マニノフでしたが、今回は体調もよく、日程的にも余裕があり、また随所にウォーキング
などを取り入れることが出来て、とても満足のいく霊場巡りでした。



2016年 7月29~31日 巡礼
[PR]

by rachmaninof | 2016-08-05 08:53 | 霊場巡り | Comments(3)