カテゴリ:趣味( 18 )

 

今月のワイン倶楽部

c0113514_11135878.jpg
今月のワイン倶楽部はなぜか日本では人気が余り
無いロゼワインについてでした。

まずはその前にスパークリングと赤白の試飲から。
スパークリングは「ベル・エポック・ブリュト2004」.
アート・オブ・シャンパンとも称される様にアネモネの
絵が描かれたボトルは大変綺麗でとても華やかで
す。またその味わいもとても優雅な感じで絵柄に負
けない美味しさがありました。
赤は「シャトー ラロゼ2004 サンテミリオン」、そし
て白は「ブランコ・デ・テンプラニーリョ2011」
シャトーラロゼはとても豊かな味わいでしたが、白
の好きなラフマニノフにはブランコ・デ・テンプラニー
リョの方に興味が行きましたが葡萄品種のように、
まだちょっと青臭い感じの、不思議な味でした。

さていよいよ今回のテーマのロゼワインについてですが、日本の事情に反して世界では
ロゼワインが人気のようです。本場フランスでも25%を超えるシェアを獲得していて4本
に1本はロゼワインという事になっているようです。
c0113514_11515929.jpg
今回試飲したのは「ロゼ・ダンジュ2011
 ミッシェル・アルマン」、「タヴェル2009 
シャトー・ダケリア」
、他にヴァン・ド・ペイ
から1本
、さらにメルシャンの「アンサンブ
ルももいろ2012」
の合計4本でした。

ラフマニノフもロゼと言えばシャンパンと
思っていましたが、今回いろいろ試飲し
てみて製法からも想像できる通り「白ワ
インの爽やかさと赤ワインの飲みごたえ
を備えたイイとこ取りのワイン」、、、、、
(講師のソムリエ 本間氏の表現)
と言われるように冷やして大勢で飲むと
また新しい発見があるようでした。

今回の中ではフランスで「ロゼの王様」と言われているだけあってタヴェル2009シャトー・ダケリア
がやはり一番美味しく感じられましたが、メルシャンの1本も長野県産の「メルロー」と山梨県産の
「マスカット・ベリーA」を主体に造られた辛口で飲みごたえがありました。

考えてみれば単一銘柄として世界一売れているワインは、、、、あのボックスボイテルと呼ばれる
ボトルで有名な「マテウス・ロゼ」という事だし、中華料理屋アウトドア料理にも良く合うという事の
ようなのでこれからはもう少し愛飲してみようと思います。
[PR]

by rachmaninof | 2013-04-16 13:37 | 趣味  

今月のワイン倶楽部とcafeコンサート

c0113514_1122427.jpg
今月参加したワイン倶楽部とcafeコンサートについ
てUPしてみます。

まずはワイン倶楽部から。
今月のテーマは
「ワインとグラスの深い~い。。。関係」
と言うことで、グラスの違いによる味わいの感じ方の
違いについての試飲会でした。

その前にまずは美味しいシャンパンを!と言うことで
ソムリエの本間利男氏から
グランド・キュヴェ・ブリュットNV・クリュッグ」をつい
でいただきました。さすがに「世界最高のシャンパー
ニュ」と言われるだけあって、初心者のラフマニノフ
でも、思わず「美味しい!」(笑)の一言。ブドウ品種は非公開とのことですが6年から10年にわたる
収穫年の異なる50種類以上のワインをブレンドして造られるとのことで、まさに作り手の意気込み
を感じさせられる一品でした。
グラスはフルート型のシャンパングラスでいただきました。

さて本題の方ですが、白ワイン2品種、赤ワイン2品種、そしてロゼを1品種、合計5品種のワイン
をそれぞれ、口径部分が狭いボルドーと口径部分が広いシャンパン(ソーサー型)で飲み比べて
みました。
グラス形状の違いによって多少の味の違いがあるのでは、、、程度の予備知識でしたが、あらた
めて飲み比べてみてびっくり!!同じワインなのにこんなに違うものなのか、と言う感じでちよっ
とびっくりしました。
これは主に舌で感じる甘味、酸味、苦味、渋味がそれぞれどれが一番感じやすいかにによって
生じるものらしくて、ワイングラスの形状(口径部分の広さ)の違いから舌のどの部分に多く流れ
るかに関係があるようです。
この事を最初にワイングラスに反映させたのがオーストリア生まれのリーデルで、ハンドメイドの
クリスタルグラスシリーズ、リーデル・ソムリエは世界中のワイン専門家から最高の評価を得てい
ようです。
c0113514_13112026.jpg
続いて、ロビンソン百貨店傍の「cafe音と友に」
で行われたcafeコンサートの様子です。
今月のテーマは 映画音楽の世界、Part4 
言うことでいつもとは少し違った楽しい雰囲気の
コンサートでした。
マイフェアレディーや慕情、そして避暑地の恋な
ど懐かしい曲も多かったですが、圧巻は声楽の
高橋朋子女史のうたったタイタニックでした。
イタリア語に編曲されて、思わずオペラ曲と思う
程素晴らしい独唱でした。
[PR]

by rachmaninof | 2012-05-29 13:28 | 趣味  

近況

c0113514_17241721.jpg
1月末の日曜日、久々の結婚式出席。
姪っ子の式でしたが、4年前に行った長男
と同じさいたま市の式場でした。リニュー
アルされたようで、なかなか雰囲気のいい
披露宴会場でした。それになにより叔父叔
母の立場ですからまったく気が楽で、乾杯
用に出されたスパークリングワインをはじ
め料理も美味しく食事できて楽しい時間を
過ごせました。
c0113514_17465224.jpg
ここのところなかなか出かける時間が取れなくて悶々と
していましたが先週末になんとかチャンスがあったので、
さっそく久々の霊場巡礼に行って来ました。西国霊場め
ぐりは泊まりが必要なため年に1,2回しか行けないため、
その合間に今は関東八十八霊場めぐりを行ってい
ますが今回はそのうちの群馬県太田市付近の11~13
番霊場に行って来ました。

霊場も良かったのですが、帰りに立ち寄った「安眠の湯
は、湯質も良く露天風呂も充実していてとても気持ちよく
汗を流せました。
c0113514_1873151.jpg
最後にいずれはネット配信になってしまいDVD
は必要なくなるだろうとは思うのですが、やはり
いつでも好きなときに観たいと言うことで昔観た
テレビドラマなどを探していましたが、最近やっ
と欲しかった「宇宙家族ロビンソン」のコレクター
ズBOXを手に入れることが出来て、深夜に一人
で悦に入っているラフマニノフです(笑)


c0113514_1875598.jpg
左の画像は一緒に入手できた若きジョン・ウィン主演の西部劇映画のBOXです。
これもなかなか渋いです!

さらに今狙っているのは「原子力潜水艦シービ
ュー号
」なのですが、、、、、、
[PR]

by rachmaninof | 2012-02-05 18:27 | 趣味  

二級一般人(泣)

最近通い始めているワイン講座「週末のワイン倶楽部」ですが今年最初のテーマは最近バラエ
ティ番組などで時折行われている"芸能人格付けチェック"ならぬ"一般人ワイン格付けチェック"
でした(笑)
これは同じタイプのワインを飲み比べてみてどちらが美味しく、そして値段が高いか、、、、と言う
事を楽しむもので、今回はソムリエよりスパークリング、白、赤それぞれ二種類のワインが試され
ました。

c0113514_102654100.jpg
最初はスパークリングワイン。
一本はフランスのシャンパーニで
"コント・ド・シャンパーニュ1999 
テタンジェ"
(一般的な販売価格
25,000円前後),
もう一本はスペインのカヴァワインで
"ブリット・ヴィンテージ2007 セグラ・
ヴューダス"
(一般的な販売価格
2,500円前後)です。
白ブドウ(シャネルド100%)を
主体とし気品があり優雅なスタイルは
"シャンパーニュの貴婦人"と言われ
ているテタンジェのシャンパンに対し
て値段的には10倍前後の開きがあ
るカヴァワインですが、今回のブリット
・ヴィンテージは収穫のよい年のみ
造られる洗練された上級品で、スペ
イン皇太子の結婚式にもサーヴされ
た逸品とのこと。

さて、いよいよテイスティング!
うーん、、、、素人の一般人(笑)のラフマニノフですがさすがに香りや特にその余韻に確かな違い
があることは判りましたが、果たしてどちらがコント・ド・シャンパーニュか?
悩んだ挙句ややこくがありかつ余韻に強い印象のあった方を選びましたが、結果は、、、、、、、、

不正解!! 普通一般人から二級一般人に格下げ(笑)です。

その後、白ワイン、赤ワインと続きましたが、結果は一勝一敗で結局負け越しでした。出席者の
中には全問正解の方もいて、また試飲後の感想にも驚かされるものばかりでちょっと肩身が狭
く感じられたラフマニノフですが、中には今年レストランを開店しますなどと言うプロの方も混じっ
居るようなので納得です(笑)

昨年の秋口からにわかに忙しくなり中々霊場巡りはおろかログインもままにならないラフマニノフ
ですが、少しずつアップしていきますのでよろしくお願いします。
[PR]

by rachmaninof | 2012-01-22 11:04 | 趣味  

久しぶりの益子

c0113514_2241750.jpg
お盆休み中に偶然一日時間が取れたので思い切って
久しぶりの益子へ!!
今までは春秋の陶器市の時期に行くことが多かったけ
れども、今回は一箇所の窯元に絞ってじっくりと行って
きました。

今回行ったのは「窯元よこやま」さんです。
共販センターの近くにも出店していますが、今回訪れ
たのは益子の中心らはちょっと離れた場所にあるよこやま本店です。
c0113514_23502522.jpg
一番の目的はロクロによる陶芸の体験ですが、今まで
何回やっても手びねりと違ってなかなか思う形に出来な
いのですが今回のロクロでは事前の説明や製作中の
アドバイスがとても丁寧で、出来栄えは別として納得で
きる作品が出来たと、、、、思うだけかな(笑)

ロクロ製作の後は店内の作品をイロイロ品定めして
気に入ったものを少しもとめて来ましたがここには陶芸c0113514_012472.jpg    c0113514_014738.jpg









教室だけでなく美味しい食事処もあるということで、さっそく二階にある「カフェレストラン益子の
茶屋」
ヘ。ここは手作りの雑貨やアンティーク物も沢山並べられたとってもいい雰囲気のレストラ
ンでした。
ラフマニノフが選んだのはワンプレートランチの「ジャンバラヤ・ビラフとハンバーグ」、サラダた
っぷりで益子焼のプレートにもよくマッチしてとても美味しかったです。
さらに益子焼のカップが色々選べるドリンクバーも内容もとても充実していました。
c0113514_0175139.jpg
午後からは市内をゆっくりと一周して少し目の保養をして
から、恒例になった近くの温泉場へ(笑)
今回は真岡井頭温泉に寄ってみました。
ここの湯質もなかなか良くいかにも温泉!という肌触りが
あり、またなにより毎朝お湯を全て抜いて新しいお湯に入
れ替えるためかとても清潔感がありきれいな温泉で、とて
も気分良く入ることが出来ました。
帰りの高速の渋滞が心配されましたが、なんとかセーフ!
後は一、二ヵ月後の焼き上がりだけが心配のタネかな(笑)
[PR]

by rachmaninof | 2010-08-17 00:52 | 趣味  

3月の映画と霊場巡り

c0113514_17514242.jpg
多少の景気回復年度末月のために久々に猛烈に忙しかった
3月なので残念ながら新作の映画は観られませんでしたがDVD
とBSテレビのお陰で旧作を中心に何本かは見ることが出来ました。

BSでは
「キングコング」「アビエイター」  、「タワーリング・インフェルノ」
DVD
「レッドクリフ・パートⅠ」「パートⅡ」
レンタルビデオ
「明日への遺言」
以上6本でした。

どれもなかなかの大作揃いですが、特に印象的だったのはディカプリオ主演のアビエイターです。
マーティン・スコセッシ監督で富豪「ハワード・ヒューズ」の半生を描いた伝記映画ですが
謎に包まれたヒューズの実像や当時のアメリカの世相などが明かされ、とても興味深かった
のですが、圧巻はなんと言っても狂気にも満ちたディカプリオの演技です。残念ながら
アカデミー賞(主演男優)はノミネートだけでしたか、着実に演技の幅を広げている感じでした。

c0113514_17532324.jpg
もう一本、故藤田まこと主演の「明日への遺言」
実在したB級戦犯の中将を描いた作品ですが米軍の無差別空爆
非合法性を訴えまた部下を助けるために全ての責任を負った信念
田中中将役をそれこそ誠実にかつ大胆に演じたその姿は、いま
だに脳裏に焼きついています。
とても好きな俳優だった藤田まことさんのご冥福をお祈りします!!



c0113514_18121845.jpg
霊場巡りは本命は西国霊場ですが、距離があるため
時期を待つとして、それまでの間に今年総開帳
武蔵野三十三観音霊場を巡礼することにしました。
三月は一番寺の「東高野山・長命寺」から六番寺の
「安松山・全龍寺」までの六寺を巡礼してきました。

武蔵野三十三観音霊場は東京の北西、武蔵野の
面影が色濃く残っている西武池袋線の沿線を中心に
点在している霊場で、都心に近い石神井から飯能
抜けて奥武蔵へと広がっています。

c0113514_18181027.jpg 
c0113514_18183387.jpg








画像はいずれも一番寺の長命寺で、今年は総開帳のため観音堂が開かれていて
ご本尊の十一面観音像を拝むことが出来ました。
[PR]

by rachmaninof | 2010-04-04 18:33 | 趣味  

懐かしい!!

c0113514_09518.jpg
最近、書店などで週刊のDVDCDのセット物が刊行
されていますが、先日「スパイ大作戦」DVDが発売
されていました。

思わず懐かしくなり早速購入しました。その昔10代の頃
夢中で見たアメリカ製のテレビドラマが次々と思い出されて
とても楽しい気分になりました。

今回購入した「スパイ大作戦」、「コンバット」、
「ラットパトロール」、「スタートレック」、
「刑事コロンボ」、、、、、

c0113514_0325795.jpg

ところで懐かしいといえば、先日レコードのコレ
クションのなかから左の画像のソノシート(樹脂
製のレコード)が出てきました。
プレーヤーにかけてみるとちゃんと音が出て
思わず「Q,,,Q,,,Q,,,おばけの、、、」と口ずさん
でいました(笑)
[PR]

by rachmaninof | 2010-02-25 00:39 | 趣味  

マジカル・クリスマス・ツリー


c0113514_2353127.jpg
ブログ友達のメイリンさんも良く行かれるというララガーデンに
あるGeorge’sでちょっと目に付いた小物。
今回はマジカル・クリスマス・ツリーの紹介です。



c0113514_23555134.jpg

c0113514_23563761.jpg

c0113514_2357062.jpg

紙で出来たツリーを組み立てて、付属のマジックウォーターなるものを振りかけると、、、、、
あら不思議、枝に結晶が発生して一晩で御覧の通り!!

なかなか素晴らしいクリスマスツリーに変身しました。
次は何を買って来ようかなぁ、、、、、、
[PR]

by rachmaninof | 2009-12-04 00:24 | 趣味  

湯治場通い(笑)

c0113514_1118797.jpg
ここ2ヶ月ほどおふくろさんの介護をしてきた
せいか、ラフマニノフ自身はそれほど感じな
かったけれども家内が肩に疲労がたまった
様で腕の上げ下げが少し辛そうにしていた
ので、以前から評判を聞いていた
埼玉県鷲宮町にある「百観音温泉」に行っ
てみたところ、評判どおり(笑)家内が「とても気持ちよく肩が少し軽くなった」というのでここの
ところ続けざまに通い始めました。

先月の後半から土日祝日の朝6時半から約3時間、じっくり入浴して来ます。場内に掲示され
ている表示では日本でも有数の評価を受けているとのことで、確かに入浴してみると、味は塩分
が含まれているためか塩辛く色はやや褐色で、なにより出た後にいかにも温泉成分が身体にこ
びりついているな、、、と言う感じがして、気分も良くなります。
家内の肩が良くなるまでは少し通うとしますか(笑)
どれ、明朝も行ってきますかな、、、、、、

疲れがたまった方にはぜひお勧めです!!

百観音温泉
[PR]

by rachmaninof | 2009-11-06 11:45 | 趣味  

霧降高原

c0113514_734492.jpg
23日急遽一日時間が取れたので、この時期空
いていると思われる(笑)日光方面へ!中禅寺湖
へは昨年2回ほど訪れていたので、今回は日光
市内を右に曲がって霧降高原へドライブに行っ
てみました。

霧降高原といえばまずは「霧降の滝」と言うこと
で高原入り口にある霧降の滝へ。。。規模自体
は華厳の滝に一歩譲りますが、自然の中に溶
け込んだその雄姿はとても素晴らしく、しばし見
とれてしまいました。

落差75m,上下2段に分かれていて日光三名瀑
のひとつで日本の滝百選にも選ばれているそう
です。
c0113514_7304747.jpg
滝自体も素晴らしかったですが、入り口から観瀑台に至る道も
また素晴らしく思わず何回も立ち止まって辺りを散策しながら
とても清々しい気分になりました。

ただちょっと残念だったのは、現在工事中のため滝つぼに下りる
道が使えなかったことでした。
c0113514_7353536.jpg

さらにもう一つ残念だったのは、滝の入り口にあるテニスコートです。コート自体はまだ残って
いましたが、荒れ果てていて使われていないようでした。私事ですが、このテニスコートは
を初めてドライブに誘い、テニスを楽しんだ思い出の場所でした(笑)

c0113514_742176.jpg
車はその先の霧降高原リフト乗
り場に進み第三リフトに乗って
ツツジが満開の高原を楽しんで
きました。

上のほうでは特にシロヤシオ
呼ばれる白色のツツジが丁度
見ごろで、眺望もよく、さらに季
節の狭間だったようで観光客も
他にほとんど居なくて、リフトも
貸切状態でした(笑)


c0113514_7513749.jpgc0113514_752119.jpg
車はさらに進んで大笹牧場
雄大な牧場景色
を楽しんだ後は
さっそく牧場名
お肉のランチ
柔らかくてとても
美味しいお肉でロースはもちろんですがカルビもとても美味しかったです(笑)

c0113514_83244.jpg
最後に温泉にするか日光市の神
社参りにするか迷ったのですが、
昨年来た時には、輪王寺東照
しか参拝できなかったので、今
回家内の希望もあり残っている
荒山神社
に参拝することにしまし
た。
輪王寺や東照宮に比べて多少
知名度は劣りますが(笑)霊峰
二荒山(男体山)
御神体山
仰ぐ神社で日光の氏神様でも
あるようです。本社のほかに別院や中禅寺湖湖畔の中宮祠、さらには日光連山までも御神域と
する広大な境内を有する神社のようです。
今回は奉られている大黒様弁財天などを特にしっかりと念入りにお参りしてきました(笑)
c0113514_8254350.jpg
最後に東照宮の参道の脇にある「日光金谷ホテル」
直売の「カレーパイ」をいただきました。
焼き立てで生地もとても柔らかく美味しかったです!
[PR]

by rachmaninof | 2009-05-24 08:33 | 趣味