カテゴリ:霊場巡り( 28 )

 

ついに四国八十八霊場へ その2

c0113514_19291264.jpg

いよいよ一番寺からスタートと思いましたが、周りを見回すとさすがにこれまでの霊場と
違い、多くの巡礼者が所謂お遍路スタイルであり、ちょっと軽く考えていたラフマニノフは
慌てて、とりあえず白衣に輪袈裟、金剛杖そして頭陀袋を急きょ準備しての巡礼となりま
した。
四国霊場の特徴の一つに本堂以外にそれに匹敵するような大師堂が必ずあるという事
です。そのため本堂と大師堂両方で同様の参拝を行います。
c0113514_19271257.jpg

c0113514_19455879.jpg

c0113514_19525013.jpg
c0113514_1953754.jpg














徳島県にある一番寺から十番寺は比較的距離が短く、また各寺自体も京都や奈良にあ
るような大きな寺は少ないため、さらに天気にも恵まれ順調に巡礼が出来ました。
画像は三番・金泉寺の御大師様像、五番・地蔵寺の五百羅漢そして八番・熊谷寺中門の
多聞天(左),持国天(右)
c0113514_20112686.jpg

昼食は七番・十楽寺の山門傍にある讃岐名物たらいうどんを頂きました。

c0113514_20142427.jpg

c0113514_20143923.jpg

c0113514_20184767.jpg

初日の宿泊は六番・安楽寺の宿坊にお世話になりました。ここの宿坊にはなんと天然温泉
弘法の湯がありとてもリラックスできました。食事はもちろん精進料理、さらに食後のお勤め
にも参加することが出来て、心安らかに休むことが出来ました。
[PR]

by rachmaninof | 2016-10-26 19:27 | 霊場巡り | Comments(3)  

ついに四国八十八霊場へ

c0113514_14495676.gif

7年前の坂東三十三観音霊場から始めた霊場巡りも、秩父、西国の百観音霊場、
さらに武蔵野霊場や関東八十八霊場、関東、北関東不動尊霊場などを巡礼し、
また安房郡札、猿島坂東などの地方色豊かな霊場なども含めて約四百寺を巡礼
してきましたが、いよいよ今年から長年の目標だった四国八十八霊場巡りをス
タートすることにしました。
本来は仕事をリタイヤしてから徒歩でと思っていましたが、自営業のラフマニ
ノフには残念ながらいつになるか見通しが立たないため、元気なうちにとりあ
えず始めてみようという事が今回の動機となりました。
四国となるとまず問題となるのが交通手段です。西国まではなんとか車で頑張
りましたが片道700キロ近くになる今回はさすがに新幹線、飛行機、そして
フェリーと迷いましたが、結局は一番信頼のおける自身の運転(笑)に託すこ
とにしました。
c0113514_14504815.jpg

時期は10月7日、平日ですが午後から暇をもらい午後2時よりスタート。
東北道岩槻I.C→久喜白岡JCTを経て圏央道、八王子I.Cより中央高速、さらに
小牧JCTより名神高速へと進み、滋賀県にある多賀SAにある宿泊所で初日の
宿を取りました。
ここは高速のSA内にあり、浴場も備えているというなかなか便利な施設で
今回もここがあるので自家用車にしたという経緯がありました。
ただ、宿泊施設にもかかわらず高速上にあるためかアルコール販売がまったく無く
ちょっと残念でした(笑)

翌8日、四国霊場は午前7時より巡礼を受け付けているという事で、午前4時半に
宿を出発、明石海峡大橋を渡り淡路島へ、そして大鳴門橋を渡っていよいよ四国に。
橋を渡る時には土砂降りだった天気もいつの間にか晴れ渡り7時過ぎには一番寺
である徳島県鳴門市にある一乗院・霊山寺に到着しました。
c0113514_15385073.jpg


時間が無くなったので、続きは後程(泣)
[PR]

by rachmaninof | 2016-10-23 14:46 | 霊場巡り | Comments(2)  

待望の平泉

ここ数年西国霊場を巡礼するために7月の最終週の金曜日を会社を休みにしていましたが
それも昨年で結願したので、いよいよ今年は念願だった岩手県の平泉をメインにした巡礼に
行ってきました。

日程は
     29日  自宅 → 平泉・中尊寺 → 毛越寺 → 黒石寺 → 蔵王・遠刈田温泉

     30日  遠刈田温泉 → エール蔵王・島川記念館 → 福島・勝常寺 → 立木観音

          → 猪苗代温泉

     31日  猪苗代温泉 → グランデコリゾート → 諸橋近代美術館 → 自宅


29日、午前2時半に出発の予定でしたが寝過ごして3時半の出発。早速岩槻から東北自動
車道へ。平日で早朝のせいか道は空いていて気持ちよくドライブ。群馬、栃木、福島、宮城県
と4県を通過し午前8時半には岩手県の平泉へ。
目的地はもちろん中尊寺。
c0113514_8533888.jpg

中尊寺と言えば、奥州藤原氏の初代・藤原清衡が釈迦如来と多宝如来を安置する「多宝寺」
を建立したのが、創建と言われ、国宝の金色堂や多数の重要文化財の仏像などが広い境内
にたたずんでいました。また今回の巡礼ではちょうど「秘沸・一字金輪佛頂尊」などの御開帳も
あり気持ちが大いに和みました。
c0113514_10422340.jpg

     金色堂
c0113514_10482542.jpg

     ご本尊・釈迦如来来坐像

初日はこの後同じ平泉にある毛越寺へ,そして薬師如来で有名な黒石寺と巡礼し、この日
の宿である宮城県の遠刈田温泉に向かいました。

二日目、朝5時に宿を出発し温泉街の郊外にあるハイキングコースへ。約一時間森林浴を
満喫しながら汗をかきました。
c0113514_14412773.jpg

木々に囲まれ歩きやすく素晴らしいコースだったのですが、入口で見つけた「クマ出没注意」
の看板を見て(今回は逆コースで出口から入山しました)夫婦で腰を抜かしたのでした!
思えば途中で鋭く折られた枝やササの葉などを目撃していたのでやはりと言う感じでした。
その後宿に戻り朝風呂、朝食を済ませてから、近所にある「エール蔵王・島川記念館」へ。
ここは蔵王連峰を一望の下に見渡すことの出来る自然豊な環境の中にありますが、特色は
なんと言ってもその収蔵品です。特に充実した日本画は大変見ごたえがありました。横山
大観、平山郁夫、東山魁夷などの作品のほか加山又造、棟方志功、児島善三郎などとて
も素晴らしかったです。また企画展で行われていた「森本草介の世界」では、亡くなる直前
の作品まで数多く展示されていて、その写実性に驚かされました。
c0113514_1316141.jpg

c0113514_1317796.jpg

この日はその後福島の会津に移動して、国宝の薬師如来像がある勝常寺、そして会津さん
ころりで有名な千手観音像がある立木観音を巡礼して猪苗代湖北側にある猪苗代温泉で
二泊目としました。
c0113514_1626119.jpg

勝常寺・国宝木造薬師如来三尊像

それにしても、ここの薬師像がある勝常寺は平泉の中尊寺よりも100年近く前に創建され
ていて、その歴史の深さに思いをはせ感傷にふけるラフマニノフでした。
ただ、四天王や十二神将などそれなりに揃っているのですが、今でこそ国宝に指定されて
それなりに巡礼者や観光客も訪れるのでしょうが、伽藍全体の様子とか仏像の保存状態と
か、財政的に厳しいのでしょうがもう少し保存状態を改善する必要性を感じました。

二泊目の宿は猪苗代町にあるリゾートホテル。17階からの眺望はとても素晴らしく、右に
会津磐梯山、左に猪苗代湖とその眺めだけでも大満足でした。ちなみに夕食は今までは
だいたいバイキングでしたが、今回は珍しくコース料理を頼み、ワイン倶楽部で蓄積した
浅知恵でソムリエとのトンチンカンな会話を女房に笑われているラフマニノフでした。
    
c0113514_16514798.jpg
c0113514_1652040.jpg
c0113514_16521471.jpg
c0113514_16522114.jpg


3日目の朝も5時から1時間ホテルの周りをウォーキングしましたが、ここでも関係者が
クマ除けの花火を打ち上げていました。
そして前日と同じように朝風呂、朝食を取った後、来たに車を向け裏磐梯にある東急の
グランデコースノーリゾートに進みました。ここは冬場はスキー、春は花々、夏はハイキ
ング、秋は紅葉と一年中楽しめるところで今回はゴンドラで山の中腹まで登り、そこから
デコ平湿原トいうところまでトレッキングを楽しみました。
c0113514_17143964.jpg

c0113514_17142048.jpg

午後からは近くにある諸橋近代美術館によりました。ここはダリの収蔵で有名らしく、特
にその彫刻は質・数ともに世界的との事でした。またこの美術館のもう一つの特徴は、
洋風の建物とその庭園です。小さな渓流も傍を流れまさに都会には無い絵になる美術
館でした
c0113514_16573347.jpg

諸橋近代美術館 外観
c0113514_1658127.jpg

訪問した時は企画展「ハロー、クルック~共感する記憶~」と【同時開催】コレクション
展「ダリの欧米ぶらり旅」の二つの催しが行われていて、特にクルックには独特の雰
囲気がありました。独特の雰囲気と言えばダリの方もまさしく近代美術の象徴的な様
な感じで、難解な面も大いにありいろいろ考えさせられました。

そんなこんなでここで全ての日程を無事に完了して、車のハンドルを自宅に向けるラフ
マニノフでしたが、今回は体調もよく、日程的にも余裕があり、また随所にウォーキング
などを取り入れることが出来て、とても満足のいく霊場巡りでした。



2016年 7月29~31日 巡礼
[PR]

by rachmaninof | 2016-08-05 08:53 | 霊場巡り | Comments(3)  

鎌倉から横須賀へ

春先から始めた鎌倉観音霊場巡りも今回で7回目を迎え、いよいよ結願となりました。
坂東の発願寺でもある杉本寺、建長寺や長谷寺、そして鎌倉の大仏で有名な高徳院な
ど感慨深い寺を巡礼して、今回はアジサイ寺としても有名な明月院そして結願寺の円
覚寺で半年に及ぶ巡礼も結願です。
c0113514_10191964.jpg

c0113514_10225971.jpg

振り返ると鎌倉という街、歴史もありそして山あり、海ありと素晴らしい環境の地域で
観音霊場巡りと周りの山のハイキング、最後に温泉ととても充実した巡礼でした。
また多くの美術館などもあり気持ちも和らぎました。

今回は少し時間が余ったので、お昼からは横須賀に出かけてみました。メインは横須賀
美術館でしたが、その周囲にある観音崎公園も散策路がよく整備されていて、気持ち良
くハイキングができました。
c0113514_10344267.jpg

c0113514_1036287.jpg

後半登った観音崎灯台ですが、高所恐怖症だったことを忘れていて、上の展望台ですば
らしい展望でしたが思わず足がすくんでしまったニフマニノフでした。
c0113514_1040190.jpg

c0113514_10403470.png

最後は美術館の傍にあった横須賀温泉で足の疲れを癒してから帰途につきました。

2016年 6月26日 巡礼




.
[PR]

by rachmaninof | 2016-07-18 10:19 | 霊場巡り | Comments(3)  

鎌倉散歩

4月になり外出が気持ち良い季節になりました。以前から続けている霊場巡りも
関東・北関東不動尊が結願して今は鎌倉三十三観音霊場にと移っています。
そう言う訳で昨日(4月9日)は鎌倉霊場巡りとその郊外にある祇園山ハイキング
コース
を散策して来ました。
コースは
 安養院 → 別頑寺 →  延命寺 → 教恩寺 → 八雲神社 →
 祇園山ハイキングコース  →  東勝寺跡 → 鶴岡八幡宮・国宝館
 → 吉兆庵美術館 → 溝口温泉 →  自宅
c0113514_1554775.jpg

c0113514_15112626.jpg

最初の画像は北条時頼夫人が開基として創建したと伝わる十二番札所・教恩寺の境内。
こじんまりしていますが落ち着いたまた草花がとてもきれいでした。
次の観音像は十一番札所・延命寺の聖観世音像です。とても素晴らしかったです。

c0113514_15263925.jpg

c0113514_15272324.jpg

c0113514_1528885.jpg

霊場巡りを終えて、八雲神社をへて祇園山ハイキングコースヘ、途中は色々な花が
道中を楽しませてくれます。三番目の画像は途中の見晴台から見た鎌倉市街と海岸線
です。ハイキングコースの終盤には鎌倉幕府の北条一門が新田義貞に攻められ最後に
自決した東勝寺跡や腹切りやぐらなどがあり歴史に浸ることができました。

c0113514_1542136.jpg

c0113514_15424881.jpg

後半は鶴岡八幡宮にある国宝館に。丁度鎌倉の仏像展が行われていました。その後
市内を海岸に向かって散策し途中の魯山人ゆかりの吉兆庵美術館などを楽しみながら
帰途につきました。
そして途中は川崎にある溝口温泉に立ち寄りハイキングの疲れを癒しました。


2016年4月9日
[PR]

by rachmaninof | 2016-04-10 14:44 | 霊場巡り | Comments(4)  

秩父霊場 奉納絵馬

奉納絵馬

今回は12年に一度の総開帳という事で、前回の巡礼とは比べようもないくらい
各寺ともに巡礼者で賑わっていて、またお接待などもあり、活気のある巡礼とな
りました。
各寺は画像のように本堂の正面に回向柱が建立されていて、ご本尊と紐によっ
て結ばれています。よってこの紐に触れることによってご本尊にも触れることが
出来るという事で、大変ありがたいものです。
c0113514_21224283.jpg

              第一番・誦経山 四萬部寺

ところで前回の秩父巡礼の時にも気になっていたのですが、各寺のあまり
目立たない所に画像のような絵馬が掛けられています。
図案はちょっと怖そうな題材が多いようですが、鮮やかな色彩で描かれています
各寺で聞いてもなかなかはっきりとはいわれが判らなかったのですが、どうやら
昔(?)秩父駅のそばにある表具屋さんの娘さんの回復のお礼らしいところまで
判りました。
今回の巡礼では、この絵馬にもスポットライトを当ててみたいと思っています。
c0113514_21452976.jpg

c0113514_21454256.jpg
c0113514_21455744.jpg

c0113514_21461298.jpg

     順に1~4番寺の絵馬
[PR]

by rachmaninof | 2014-07-05 21:38 | 霊場巡り | Comments(1)  

秩父札所午歳総開帳

 またまた長期冬眠状態のラフマニノフでしたが、夏も近づきほんの少しですが
時間的余裕も出てきましたので、またまったりUPしていければと思っています。

 いろいろネタはあるのですが、まずは娘の受験で自粛していた霊場巡りの様子
から始めてみます。
秩父にある観音霊場は日本百観音の一つで特に有名ですが今年は12年に一度の
「秩父札所午歳総開帳」という事なので、一度結願はしていますが、今年再び巡礼
することにしました。
総開帳とは普段は、秘仏としてお厨子(ずし)の扉は閉じられていますが、このご
本尊様のお厨子の扉が開かれ、観音様の慈顔を親しく拝することができます。
お厨子の扉を開くところから「開帳」といいます
また本堂(または観音堂)の前には回向柱と言う立派な柱が建てられご本尊から
つながっている紐が結ばれています。
c0113514_1247197.jpg

今回は2回目という事もあり、地元の温泉や名物、そして美術館などゆっくり巡礼
してこようと思っています。

つづく、、、、、
[PR]

by rachmaninof | 2014-06-16 12:56 | 霊場巡り | Comments(4)  

一年ぶりの西国霊場巡り

普段関東地方中心にいろいろな霊場巡りをしている埼玉に住むラフマニノフにとって
西国三十三観音霊場巡りはなかなか容易ではありません。ただ四国八十八か所と並
んで坂東、秩父とともに日本百観音霊場を構成する西国霊場は特に結願したい霊場
でもあります。
今年もなんとか8月上旬に仕事の合間を縫って三連休を利用して巡礼することが出来
ました。今回はその様子です。

大体の日程は下記のとおりです。

8/2 午前1時45分埼玉の自宅を車で出発
         ↓
    午前8時頃最初の巡礼寺である番外・元慶寺に到着
         ↓
    以下、第二十番 西山・善峯寺 、第二十一番 菩提山・穴太寺
    第二十二番 補陀洛山・総持寺 、第二十三番 応頂山・勝尾寺
    を巡礼。
         ↓
    大阪市にあるホテル モントレー・ラスールに到着


8/3 朝5時よりホテルから大阪城までウォーキングを楽しむ
         ↓
    第五番 紫雲山・葛井寺 を巡礼後奈良県に向かう
         ↓
    第八番 豊山・長谷寺 、番外 豊山・法起院 を巡礼
         ↓
    第九番 興福寺・南円堂を巡礼
         ↓
    奈良国立博物館・仏像館を見学
         ↓
    宿舎である京都・奈良県境にあるレイクフォレストリゾートホテルに宿泊


8/4 朝5時よりホテルに付属するゴルフコースでウォーキングを楽しむ
         ↓
    名古屋市に戻り天一美術館にてガラス工芸を鑑賞
         ↓
    伊勢湾岸道路SAにある天然温泉「かきつばた」にて昼食及び入浴する
         ↓
    夜8時ごろ帰宅


今回の特徴は二日間ともに早朝ウォーキングを楽しんだ事です。初日、二日目ともに1時間
約7000歩のウォーキングでしたが、初日の大阪城は大都会の中心にもかかわらず緑も多く、
また大阪城の大きさに圧倒されながらでしたが天守閣の足元まで楽しく歩けました。
二日目はリゾートホテルに付属するゴルフコースを数ホール、野鳥の鳴き声や朝日とともに
気分よく歩くことが出来ました。

巡礼ではどの寺も印象に残りましたが、やはりなんといっても興福寺ですね。国宝級の建物
や諸仏に本当に感動させられました。

感動と言えば最終日に鑑賞した名古屋市にある大一美術館はとても感動的でした。
アール・ヌーヴォー様式のガラス工芸における、近代と現代の二代巨匠、エミール・ガレそして
デイル・チフーリ。その二人の作品を中心にドーム兄弟のコレクションなどのガラス工芸が展示
されているガラス工芸美術館です。
なかでもやはりエミール・ガレの作品には本当にガラス工芸の域を超えた人類の宝と言う印象
をうけたラフマニノフでした。

c0113514_17323547.jpg

                     番外 元慶寺の境内

c0113514_17362849.jpg

                   第二十番 善峯寺の山門

c0113514_1740036.jpg

                 第二十一番 穴太寺の金剛力士 阿形

c0113514_1745374.jpg

                    第二十二番 総持寺の本堂

c0113514_17483922.jpg

                 第二十三番 勝尾寺の勝ちダルマ奉納棚

c0113514_17591747.jpg

                 大阪の宿泊ホテルからの夜景

c0113514_17595623.jpg

                 早朝ウォーキングの大阪城天守閣

c0113514_1812543.jpg

              第五番寺 葛井寺の境内にある楠正成が出陣の際に
                     旗をかけたと言われている「旗掛けの松」

c0113514_186811.jpg

                 第八番 長谷寺 本堂から見た境内

c0113514_1871350.jpg

                 第九番 興福寺 国宝の東金堂と五重塔

c0113514_18104484.jpg

                 二泊目のリゾートホテルより朝日を望む

c0113514_18113595.jpg

                 名古屋市にある大一美術館

c0113514_1813721.jpg

                 エミール・ガレのガラス工芸
[PR]

by rachmaninof | 2013-08-14 18:18 | 霊場巡り | Comments(4)  

久しぶりの霊場巡り

ここのところ会社においてもちょっと激震が発生したり、家庭においてもホームスティで
アメリカの高校生を受け入れたりと、いろいろなことがあり、また霊場巡りも2年がかりで
巡礼していた関東八十八か所霊場も5月の聖天山・歓喜院の参拝で全95か所を結願
することが出来て、ちよっと外出を控えていましたが、さすがに二か月も過ぎると、うずう
ずしてきたので(笑)、新しい霊場を探した結果、北関東三十六不動尊霊場を巡礼してみ
様という事になり、さっそく予定を立ててみました。

最近はこの巡礼の計画を立てることもちょっとした楽しみになってきていて、何番から何
番に回るかとか、どの道を通るか、昼食はどこにするか、温泉は有るか、はたまた美術館
はどうだ? などと、ああでもないこうでもないと生みの苦しみを楽しんでいます。

天気、渋滞予想、山開きの時期なども調べて今回は次のようなルートを決定しました。

自宅  5.40 出発
 ↓  (東北縦貫道→北関東自動車道→関越高速) 赤城高原SAにて朝食
群馬県みなかみ町にある
北関東三十六不動尊・1番札所: 成田山 水上寺
 ↓  (谷川岳ロープウェイ・リフトにて)
谷川岳・天神平ヘ
 ↓
みなかみ町谷川にある 小さなレストラン彩絵 にてランチ
 ↓
みなかみ町谷川にある 天一美術館へ
 ↓
みなかみ町谷川にある 町営温泉・湯テルメ谷川へ
 ↓
沼田市にある
北関東三十六不動尊・2番札所: 海王山 善福寺 金剛院へ
 ↓
自宅  18.00着

ちよっと日程がキツイかなとも思いましたが、最近の毎朝のウォーキングのために早起きでも
体調がすこぶる良く、また高速も夏休み前という事もあり渋滞に巻き込まれることも無く、結構
ゆとりを持って巡礼+ドライブを楽しめました。
c0113514_1894191.jpg
c0113514_1894851.jpg
c0113514_18104562.jpg

        1番札所: 成田山 水上寺  上から参道・本堂・本尊不動明王
寺の歴史はまだ浅いのですが、ご本尊の大日大聖不動明王は、五穀豊穣・万民豊業を請願して、
明治21年大本山成田山新勝寺より勧請したもで、左右には大日如来像や釈迦如来像も祭られて
いてさすがは発願寺と言う立派な雰囲気の寺でした。


c0113514_1814337.jpg
c0113514_18143636.jpg

c0113514_1817277.jpg

           天神峠と峠からの景色・天神平スキー場 
昨日までの雨がうまくあがってくれて爽やかな天気にも恵まれて、そして雄大な景色に、時間を
忘れて感動でした。ロープウェーとリフトを乗り継いだのですが帰りはリフトに乗らずに冬はゲレ
ンデになるというトレッキングコースを下ってきました。気持ちいい大汗とちょっぴり膝が笑って
いました(笑)


c0113514_18181454.jpg
c0113514_18182540.jpg
 
            イタリアンレストラン・彩絵 コースメインのリゾットグラタン
谷川岳を望むすてきな眺望のところにある、本当にちいさなイタリアンレストランでしたが、店の方
の笑顔とそして本格的な料理に天神平でのトレッキングの疲れも癒されました。


c0113514_18215385.jpg
c0113514_18223280.jpg
 
            天一美術館入口と鑑賞後に頂いたカモミール茶とチョコ
銀座の天ぷら天一の関連の天一美術文化財団が運営している美術館で建築家吉村順三の傑作
とうたわれとても周りの環境にマッチした素晴らしい美術館で主に岸田劉生や佐伯祐三の作品が
有名ですが、ルノワールやピカソと言った作品も飾られていました。鑑賞後にカモミール茶の接待
を頂きちょっとゆったりとした気持ちに浸れました。


c0113514_18274710.jpg
c0113514_18283623.jpg

             町営温泉 湯テルメ谷川 (場所柄H.Pより)  
みなかみ町町営の温泉で宿泊もできるとの事、ここは3つの源泉が楽しめる上に町営にしては
設備も整っていて、広さもありとても気持ちよく入れました。料金も500円とリーズナブルでした。


c0113514_1831674.jpg
c0113514_18303810.jpg
c0113514_18312626.jpg
 
             2番札所: 海王山 善福寺 金剛院 
                            仁王門、本堂、水掛不動尊  
ご住職が特に石に興味があるという事で境内にも諸仏に交じって変わった石がありましたが、
なんといっても入口にある 9m の自然石大灯篭には驚かされました。         
[PR]

by rachmaninof | 2013-07-07 18:59 | 霊場巡り | Comments(14)  

春の館山霊場巡り

昨年の郡札霊場巡りを始めここのところ千葉県の館山市に何回か巡礼に行きましたが今回
関東八十八霊場の残りをまとめて巡礼しようと西国霊場以外では初めて泊りがけで館山方
面に出かけてきました。
岩槻から東北縦貫に乗り首都高を経てアクアライン、慣れた道ですがさすがに春、今まで以
上に車が混んでいました。それでも最初の巡礼寺千葉県君津市にある第54番霊場 清水山
圓明院には9時頃に到着。
c0113514_1243838.jpg
c0113514_124313100.jpg

           第56番霊場補陀洛山 那古寺の阿形・吽形

その後、第55番霊場 山王山 円如寺、第52番霊場 如意山 久原寺、第56番霊場 補陀洛山
那古寺と順調に巡礼し最後の第57番霊場 高倉山 真野寺を巡礼した後、野島崎灯台、白浜
海洋美術館などを見学しながら宿泊場所のホテル・オーパーヴィラージュへ。
c0113514_1304715.jpg
ここは海に近いプチホテルですが、
宿泊は大人オンリィ(中学生以上
)、そして六ヶ所あるお風呂はす
べて貸切 (ワイン風呂や露天の
温泉風呂など)、そして夕食はフ
レンチとちょっと他とは変わったス
タイルのホテルでした。

そのせいかホテル全体は静かで
ゆっくりとくつろげる空間となって
いました。

c0113514_13103330.jpg
夕食のフレンチも美味しくワインの
種類も豊富だったのでシャンパン
そして赤、白と珍しく夫婦で合計4
種類も頂き満足のひと時でした。

画像は予約の時に「何かの記念
日ですか?」と聞かれたので思わ
ず「結婚30周年です」と言ったの
ですが、そのイベントのためのサ
プライズケーキでした。


c0113514_13241460.jpg
翌日は館山博物館を見学したり海中観光船に
乗って水中散歩を楽しんだ後、房総のお楽しみ
金谷の漁師料理「かなや」でたっぷりと(笑)海
の幸を堪能してゆっくりと帰途につきました。

早目に出発したせいか帰りのアクアラインもス
ムーズに抜けることが出来たので、最後にもう
一寺 港区高輪にある特別霊場 高野山 東京
別院を巡礼して帰宅しました。

これで特別霊場を含めると95か所ある関東八十八霊場ものこりあと4寺になりました。
[PR]

by rachmaninof | 2013-04-06 13:38 | 霊場巡り | Comments(8)